バイヤグラ

バイヤグラ開発の歴史

バイヤグラは現在でこそ世界で最も有名なED治療薬としての地位を確立していますが、実はこの薬は元々ED治療薬として作られていたわけでは無いというユニークな経緯を持っています。

 

 

ではバイヤグラはどのような経緯で開発されたのかというと、これは元々狭心症発作を抑えるために開発されていた薬でした。

 

 

有効成分としてはシルデナフィルという成分なのですが、この成分には血管を拡張する作用があったために別の薬で言うところのニトログリセリンのような効果があるのではと期待されていたのです。

 

 

しかし実際に開発が進み第一臨床試験が開始されて狭心症を抱える患者に服用させてみたところ、期待していたような狭心症を治療する効果はあまり見られなかったのです。

 

 

製薬会社側も「これ以上臨床試験を続けても意味は無い」と判断して試験薬の回収を行って臨床試験を終了させようとしたのですが、しかし被験者となった男性の一部がこの試験薬の返却を拒む様子が見られました。

 

 

研究の中で狭心症を治療する効果はあまり無いこと、開発時点で存在していた他の薬の方が圧倒的に良かったことがあったにもかかわらず返却を渋るというのは奇妙な話ですから、製薬会社はどうして試験薬の返却を断るのかということを尋ねたのです。

 

アメリカ医薬品局での認可

するとその被験者の中から「この薬を服用すると勃起不全が緩和された」という感想が寄せられ、製薬会社は狭心症治療薬としてではなくEDの治療を主な効果として研究を続けることを決めたのです。

 

 

その後1996年には特許の取得、1998年にはアメリカ食品医薬品局での認可といったように進み、そして現在のようにED治療薬としての地位を確立し始めるに至ったわけです。

 

 

こうした偶然による発見は決して珍しいものでは無く、別の薬や研究においても時折見られることです。

 

 

言葉としては「セレンディピティ」と呼ばれているのですが、歴史的に見るとアルフレッド・ノーベルによるダイナマイトの開発、アレクサンダー・フレミングによるペニシリンの発見といったことも偶然の産物でした。

 

 

現代でこそ世界有数のED治療薬として認められているバイヤグラも、過去を見れば全くの偶然から見つかった薬だったのです。

 

 

ちなみに狭心症治療の効果はあまり無いと述べましたが、血圧降下作用があることから今でもシルデナフィルは慢性心不全や肺高血圧症の治療のために処方されることがあり、その際には同じ有効成分ではあるものの「レバチオ」と名前が変わります。

 

 

もちろん有効成分は同じと言っても適応症が違う時点で別の薬であるということは忘れないようにしておきましょう。

 

ファイザー社によって販売

バイヤグラは世界で始めて医療用として使用されたED治療薬です。

 

 

1998年にアメリカのファイザー社が販売すると、翌年には日本でも正式に認定されました。

 

 

長年の実績があるため、その効果と安全性の高さから愛用者が続出しています。

 

 

勃起は性的な刺激を受けてペニスにたくさんの血液が送られることで十分な硬さを維持できます。

 

 

性的な刺激は一酸化窒素を分泌させて、環状グアノシン一リン酸という物質を生成します。

 

 

この物質は海綿体の筋肉を弛緩する作用があり、血管が緩んでいつもより多くの血液が流れ込むのが正常な勃起です。

 

 

しかし5型ホスホジエステラーゼという酵素は環状グアノシン一リン酸を分解するので、血液が不足してEDに陥ってしまいます。

 

 

そこでバイヤグラではクエン酸シルデナフィルを配合することで、5型ホスホジエステラーゼの働きを阻害してスムーズな勃起を促します。

 

 

性的な興奮が無ければ勃起しないので、バイヤグラを服用したからといって四六時中勃起するわけではありません。

 

 

効果は5時間〜6時間持続し、食事の影響によって効果が薄くなりやすいので、パートナーとの性行為を控えている前は空腹であるのが望ましいです。

 

副作用、併用してはいけない薬は?

副作用には顔のほてりや目の充血、頭痛などがありますが、それほど重い症状ではないので心配しなくて良いです。

 

 

服用から長時間経ってもこれらの症状が治まらない時は病院に行きます。

 

 

ペニスへたくさんの血液を送ると、血圧が変動します。

 

 

よって塩酸アミオダロン製剤という不整脈を改善する薬と併用すると、心臓の鼓動が乱れやすくなるので禁止されています。

 

 

硝酸剤も併用すると著しい低血圧を招く危険性があるため、血圧の薬を飲んでいる人は主治医に相談してから服用します。

 

 

バイヤグラはEDを治療できる病院から処方してもらうのが普通ですが、恥ずかしさや忙しさからネットで購入する人もいます。

 

 

元々保険が適用されないので、ネット購入でも費用に大きな開きはありません。

 

 

ただし人気の薬なので偽薬が出回っています。偽薬の中のは健康被害を及ぼす危険な成分を含んだものがあります。

 

 

ネットで流通している医薬品のおよそ6割が偽薬とされるので、繰り返しネット購入をするといつか偽薬を配達される可能性があります。

 

 

ネット上の画像だけでは見分けられないように細工しています。

 

 

健康被害に遭わなくても偽薬には正規のバイヤグラの効果は期待できないので、EDと本気で向き合いたい人は医師の処方を重視します。

 

 

ただし、ネットでの個人輸入代行業者大手のベストケンコーは100%正規品保証が付いていて、多くの方が利用しているので、安心です。

 

勃起不全の方の強い味方

一度EDになると、夜の生活がピンチに陥ります。

 

 

男性として任意のタイミングでペニスが勃起しない事は、大きなストレスです。

 

 

性的な刺激を受けると、脳が反応し、自動的にペニスを勃起させるのが通常の流れになります。

 

 

しかし、EDの男性は外部から性的な刺激を受けても、ペニスが瞬間的に勃起する事がありません。

 

 

EDの程度が軽いと、女性から繰り返しペッティングを受ける事で、じわじわとペニスは勃起していきます。

 

 

ただ、それでも性交が可能な勃起状態に至るまでには、10分から20分程度の待ち時間が必要です。

 

 

そして、それだけ時間を要したにも関わらず、性交の最中にペニスが突然勃起力を失う等、EDの男性には辛い症状が真っ最中に出てきます。

 

 

EDを治療するためには、バイヤグラと呼ばれる専門薬が要ります。

 

 

自力克服がほぼ出来ないEDですが、専門薬さえ飲んでおけば、EDの男性でも安心して性交が始められます。

 

 

勃起を阻害する原因を、バイヤグラの主成分が事前にガードしてくれます。

 

服用するタイミング

性交直前に1錠を飲み込めば、それだけで通常の男性機能が発現する肉体へと戻ります。

 

 

効果の高低に個人差はありますが、バイヤグラは服用者の八割以上が勃起力の回復を実感する信頼性が高い専門薬です。

 

 

ED治療の専門薬としては古株ですが、未だに高い人気を獲得しています。

 

 

その理由は色々ですが、一つ目に考えられるのが、お薬の即効性です。

 

 

他の専門薬は効くまでに二時間から三時間程の待ち時間が要求されます。

 

 

そのため、性交をしたいと感じたタイミングに専門薬を飲みますと、ベッドインの時間と専門薬が効く時間がズレてしまた、結果的に勃起力が回復する前に性交のタイミングが訪れてしまいます。

 

 

一方でバイヤグラなら30分から60分程で、男性のペニスを勃起しやすい状態にしてくれます。

 

 

即効性が強く、若い男性なら20分から40分程度で、逞しいペニスが戻ってきます。

 

 

ED治療薬の中でも勃起を支援する作用が強く、ペニスをただ勃起させるだけではなく、逞しい陰茎の角度と安定した亀頭の硬さ、そして途中で折れる事のない持久力を与えてくれます。

 

 

こういった専門薬としてのパフォーマンスの強力さもまたバイヤグラが、世界の男性に支持されている理由です。

 

 

空腹時に摂取すると、主成分の取り込みが加速します。

 

 

お腹が鳴る程の空腹時を狙って摂取すれば、ペニスが非常に強く固く、そして素早く勃起します。

 

 

専門薬のポテンシャルを最大限に引き出したい方は、空腹時を狙って摂取しましょう。